どれくらい諦めずに行動をすることが出来るか

関係を回復させるのであれば、焦らずに回復させていかなくてはなりません。
ですので、1ヶ月くらいを目処に、相手との関係を回復させるようにしましょう。

これよりも短くても、結論を出すのは総計だといえますし、反対にこれ以上引き伸ばしてたとしても、お金の無駄になってしまう可能性が高いです。

人間というのは、1ヶ月くらい経過すると、よほどのことではないものであれば忘れることがほとんどです。

そのため、1ヶ月経つのに、関係を修復させることが出来ないのであれば、相手は腹に据えかねていて、これ以上回復することは出来ないと判断したほうがいいでしょう。

関係の回復を目指しているとき、相手のメールなどを見るようにして、自分のどこに問題があるのかを探ることが大切です。
そして、その問題を解消していき、相手の不満を払拭することが重要です。

その問題点を少しずつでも改善していけば、相手の評価も高くなっていきますし、関係も回復しやすくすることが可能になります。

いきなり変えてしまっても、相手が違和感を感じてしまう可能性が高いですから、相手のメールの反応を見ながら少しずつ改善を目指していくようにしましょう。

そして、関係が良好になってきたら、関係が悪くなる前よりも良い関係になる可能性が高いです。

これまでの自分を変えていくというのは、思っているよりも大変なことですし、場合によってはストレスになってしまうかもしれません。
ですが、より自分の価値を高めていったり、相手との関係を直すためだと考えるようにすれば、そこまでのストレスになることはないでしょう。

ファーストメールで重要なこと

知らない人に対して始めてメールをすることをファーストメールといいます。
少しでも自分の評価を高めたくて、ノリのいいメールを送ろうとしたり、自分をよく見せようとするメールをしなくてはいけないと考えている人も多いのですが、あくまでも自然体でいきましょう。

相手も知らない人からメールが送られてきて緊張しているでしょうし、これからもその人とメールをすることになって、実際に会うことになるのであれば、あまり自分を良く見せたとしても、実際に会ったときに落差が生じてしまう可能性も否定できません。

ですので、面白いことを言わなくてはならないとか、ステイタスのある男性だと思われるように演出をするということは、かえって逆効果になってしまう可能性もあるのです。

それに、良いイメージを持たせようとする気持ちが選考してしまって、自分の話がメールのほとんどを占めてしまっていて、女性のことはほとんど書かれていないということになりかねません。
これでは、ナルシストだと思われてしまったり、自分はそこまで興味をもたれていないと思われてしまって、変身してくれない可能性が高くなってしまいます。

もちろん、自分のプロフィールは少しは添えるようにしたほうがいいですが、あくまでもメールのメインは相手に関することにしましょう。
メールのやり取りが始まれば、自分のことも少しずつ話せばいいだけの話です。
それよりもファーストメールは相手のプロフィールのどこに興味を持ったのかなどをアピールすることのほうがはるかに重要です。
これが出来ていないと、どれだけ時間をかけてファーストメールを作ったとしても、返信率はかなり下がってしまうかもしれません。

Copyright(c) 2015 xxx All Rights Reserved.